記事一覧

シンジングとは

ドイツ・ジャガー社が開発したヒートシザーは、髪の主成分であるたんぱく質が熱にとけるという性質を利用し、ハサミやレザーに熱を加えながら、髪をカットしていく世界初のシステムです。ヒートシザーでカットすると、髪の断面は見事にシールド(縫合)され、しっかりと 栄養が内部に蓄えられ、ツヤ、ハリ、コシのある生まれたての髪を取り戻すことができます。

ここで、ヒント!「シンジング」と同じでは?
「シンジング」とは、ローソクで毛先を焼く事で毛根への刺激、枝毛予防、毛髪の切り口を塞ぐなど毛髪に活力を与えます、毛髪の焦げはほとんど感じませんので安心です

■シンジング動画配信中
PCの方は、画像をクリック 全配信中
携帯の方は、画像をクリック 10~15秒配信
携帯電話注意
動画は、1,800円/分

注文は、こちら

あまり知られてはいないが、知る人ぞ知る技法であり原点は理容のシンジングという技法から来ており、これを、石田氏が美容向けにアレンジをおこなう。
 技術的には毛先の枝毛などの傷んだ部分を燃やすことにより、毛先が丸くなり(丁度ハブラシの”毛先が球”と同じ状態)ササクレ立たず枝毛になりにくくなる効果がある。
 ただし、非常に乾燥した髪、ダメージ部分の多い髪などは高度な技術を要する。(枝毛以外の必要な部分も燃える危険があるため)
 また、燃やしただけでは毛先が白くなったり、ダマによりクシ通りが悪いので、特殊なトリートメントでこれを解消する。
 最近この技術を応用し、家電メーカーより電熱線を使い毛先を焼き切る 枝毛用やビキニラインやアンダーヘアーなどのムダ毛処理用の機械が出ている。
 特にアンダーヘアーなどは毛先が球のためチクチクしないそうだ。(これも昔の女性などは線香などで焼いていたそうだ。

ページ移動