記事一覧

毛髪料の使用上の注意事項について

PL法(製造物責任法)と理美容業界
 平成7年7月より日本でもPL法が実施されます。これは製造物責任法(Product Liability)の略称で、メーカーの欠陥製品から消費者を保護するための法律です。
 現在の民法では、被害者は企業の過失で欠陥を生じたことを立証しなければなりませんでしたが、この法律では、欠陥を証明でさればよいこととなります。
 理美容師がお客様に行なう操作(サービス)は、この法律の対象外となります。しかし、このような法律が施行されますと、消費者の被害者意識が強まって、今までには考えられないような舌情が増犬することが予想されます。もちろん、理美容師の行為に過失かおり、被害が生じた場合は、従来とおリ民法による過失責任を問われることは言うまでもありません。
続きを読む

理美容用薬液について知っておきたい事柄

医薬部外品の成分表示について
 化粧品・医薬部外品の表示指定成分は約110品目
   厚生省は医薬部外品や化粧品の安全性を確保する面から製造  メーカーに種々の表示をすることを指示しています。成分表示  もその一つとして義務づけられているものです。
続きを読む

毛髪料を正しく安全に使うには-2

安全使用のための7カ条
 多様化が進む毛髪料を正しく使用して、お客様に満足して戴<ためには次のことを十分に、理解しておかなければいけません。
続きを読む

毛髪料を正しく安全に使うには-1

必ず行なおう「毛髪診断」
 サロンでの毛髪に関する全ての仕事の第一歩は毛髪診断から始まります。熟練した理美容師の毛髪に対する感触は、いくつかの科学的測定器機の数字よりも正しい判断を示しますが、残念なことに、この感触は数字で示されないし、他人に敦えることもできません。
注意力を待った経験の積み重ねの結果です。
続きを読む

ページ移動